・・・今という時は、”真実の自分に目覚める”時でもあります。
真実の自分とは、魂のこと。
|1/152 PAGE|>>

新しい形の魂と古い形の魂

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 夜明けのブログ2017/5/27の記事からの抜粋です。

新しい形の魂・・・

☆☆☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆

地球が闇から光に移行する際、源からダイレクトに地球に来る魂が増えて行きます。彼らの役割は、自分が光り輝いて地球に光を広げていくことです。暗闇のトンネルに入って、カルマを解消しながら闇を経験する必要もありません。生まれながらにして覚醒している、光の存在なのです。

 

こうした「新しい形の魂」を持つ人たちは、30代より若い世代の人たちだと感じます。純粋で強い光を持つ魂ですので、目に見えない大切なものが分かります。彼らは、より自由で、より楽しい方を選ぶことができます。それ故に、直接的、間接的に、世の中の仕組を変えていくことになります。

 

源からダイレクトに地球に来た「新しい形の魂」を持つ人たちは、光のまま生きて行けば良いのですが、ある意味、大変なのが、幾度も地球で転生をして来た古い魂を持つ人たちです。自分のカルマ、土地のカルマ、家のカルマを解消するために多くの闇の経験をして来ています。

 

「古い形の魂」を持つ人は、大まかに言うと、40代より年配の世代の人たちです。闇から光に変わることが必要になります。いわゆる「覚醒する」ことです。自分が闇から光に変わることで、地球の闇も光に変えていくのです。深い闇を経験した分だけ、より大きな光になります。

 

闇を包み込んで光に還すことができる、統合の光になるのです。「古い形の魂」を持つ人たちが、闇を光に変えて浄化することをします。「新しい形の魂」を持つ人たちが、光を強めていくことをするのだと感じます。

 

特に、日本において「古い形の魂」を持つ人たちが、覚醒して光になることが重要です。

 

 

▲top|-|-

闇の存在ってなに?

マリアのチャネリング・メッセージ2017/2/5の記事から。

自分の思い、考えと思っていたものが、実は、闇の存在の囁きだったなんてことがある、ということです。

ここでの闇の存在は、爬虫類・・トカゲの類でしょうかね・・・エネルギー・バンパイヤでもあるわけです・・・

彼らの餌はネガティブ思考のエネルギー。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆

 

闇の存在とは


メール・セッションでは、闇の存在との契約書、というものが度々、出てきます。

でも、「闇の存在って何?」と思っていらっしゃる方も多いと思います。

闇の次元とは、簡単に言えば、光とは対極の世界です。

天使とつながる、とよく言いますが、同じように悪魔的な存在とつながることもありえるんです。

 

「いや、私はつながった覚えないし」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、磁石のように、その存在を引き寄せてしまうことはよくあります。

天使たちがメッセージや愛の波動を人間たちに送っているように、闇の存在たちもまた、そうしています。

違っているのは、闇の存在たちは、高次元の光のエネルギーではなく、恐れや罪悪感を生むようなメッセージと低い波動を送っている、ということ。

そして、エネルギーを送ったら必ず、その分、奪い取ります

 

悪いメッセージを与えては、良くない考え方や悪感情を植え付け、それによって増幅されたエネルギーを吸い取って肥え太る、というようなことをしています。

低波動でしか生きられないので、その人をネガティブな波動へと落とし込むことで、自分たちも生き残ろうとしているわけです。

 

要するに、人間を利用しているわけです。

人間が困れば困るほど、闇の存在の大好物である苦しみとか痛みを感じ、自分たちに提供してくれるので、人間へのコントロールを手放さないのです。

 

コントロールは、ほとんど睡眠中に行なわれています。

天使たちも、人間に、夢の中でガイダンスを与えていますが、闇の内容は真逆です。

「〜するな」とか「もっと苦しめ」とか「〜を潰せ」的なことを教えています。

 

悪夢のほとんどは、人が闇の次元で体験していることそのものなのです。

ですから、嫌な夢を見た時は、ちょっと波動が落ちているな、と思って、努めて思考を明るい方へ持っていくことが大事です。

幸せ波動を出していると、闇の存在たちは、ネガティブなエネルギーを吸い上げることができず、さっさと出ていきます。

利用価値がないから、バイバイということですね。

 

ただ、爬虫類系は、とてもシツコイですし、狡賢です。

一回、巣を作ってしまうと、出ていっても、また帰ってきます。

ですから、棲みついている人間をコントロールし、いじめや仲間外れをする人たちのもとへと誘ったりします。

 

とは言っても、エネルギーに寄生する存在に違いありませんので、餌がなければ、出ていかざるを得ません。

どんなにオッカナイ人に囲まれていても、ニコニコして光の存在の方に向いて生活することです。

そうすれば、爬虫類系の存在も、ガックリ来て地元?に帰って行くでしょう。

 

地球の波動は、とても上がっていますので、闇の存在たちにとっては、生きづらい環境になっていることは確かです。

餌がなければ、生きられないのですから。

その点、光の存在たちは、無限の愛に支えられていますので、人間から奪うことも、もらう必要もなく、永遠に元気に飛び回れるわけです。

光の存在は消耗しませんので、どんどんお願い事を増やしていっても大丈夫ですよ。

 

 

▲top|-|-

自分の意識の在りようが・・・

Dream Catcher 2017/5/28の記事からの抜粋して転載。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆

 


今の私たちに決定的に足りないのは、

だと思います。

 


自分が愛されているとも思えないし

自分が必要な人間だとも思えないし

自分の価値を認められないし

自分をありのまま受けれられないし


自分を愛せなければ、他人に対しても同じ・・・

 

受容という許しの意味での愛

が足りないので、自己否定・自己限定の思いばかり。

その思いが、本当は自分の心も体も共に傷つているのに・・・気づけないまま。


自分の意識の在り様が、どれだけ自分に影響を与え、そして体験する現実を引き寄せているか、見直して行くことが大切だと思います。

 

 

 

▲top|-|-

何があっても・・・

マリアのチャネリング・メッセージ2017/5/26の記事からの転載。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆

 

 

「どうせ私なんかダメ」という気持ちは、オーラから相手に伝わってしまう。

自分のことを「ダメ」とか「イイ」とジャッジしていると、周りの人もジャッジされているような気分になってしまうこともある。

自分に厳しくしているだけなのに、周りの人に脅威を与える結果になることがあると知ろう。

 

逆に、「私は愛される価値がある」という思考も、何となく相手に伝わるものだ。

自分に優しくしていると、愛のエネルギーが、周りに伝わっていく。

自分を大切に扱っているだけなのに、周りの人は、なぜか安心感を覚える。

 

人は、「この人は自分を守ってくれる人か、攻撃してくる人か」を本能的に見分ける力がある。

だから、自分で自分自身を常に攻撃している人は、攻撃的な印象を相手に与えていることに気づく必要があるかも。

 

何があっても自分を擁護し、励まし続けていこう。

自分を大事することは皆に安心感を与えることにつながっていくんだから。

 

▲top|-|-

宇宙には、こんな存在もいるということ

「マリアのチャネリング・メッセージ」の以前の記事からの転載。

こういう存在も、宇宙にはいるということです。

 

物事や出来事は片面から見ただけでは不十分で、コインのように、ウラオモテの両面がある、ということです。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆

琴座の使者からのメッセージ

 

 

アセンションを遂げようとしている地球人たちよ。


私達は、あなた方の祖先の一部であり、そして地球の5次元における闇の領域に存在している者たちである。


チャネルのマリアよ。よく私を呼んでくれた。


私が訪問した目的は、そなたたちを攻撃するためではない。もちろん弁解しに来たわけでもない。


私達は、決めかねていることを知りなさい。地球を去るかどうかを。


25000年にわたって、地球を覆った闇のサイクルは終わり、私達の居場所はなくなりつつある。地球ガイアはその周波数を上げ、私達のアクセスにも応じなくなった。


私達はもはや根なし草になるつつあるのだ。


しかし、依然として私達、闇の存在を呼ぶ声は絶えることはないのはなぜだ。


地球人はそんなに苦しみたいのか? 我々が言うことではないが、我々の助け?がほしい人は多くいるようだ。


我々は琴座から離れ、新たな植民地を求めて、宇宙を徘徊してきた者たちだ。しかし聞きなさい。


我々は呼ばれなければ、どの惑星にも行くことはできなかったということを。


我々が侵略した星の住民は、敵を欲し、攻撃を求め、闘う相手を探していた。だから我々が手伝ったのだ。


私達は一方的に悪者扱いされているが、私達はあなた方の隠された側面を思い出させる重要な役割を果たしてきた。


その側面とは、冷酷非情、傲慢、強欲、支配、挙げれば切りがないほどの裏の顔だ。


あなた方は自分と切り離していた裏の顔を再発見し、勇気を持って自分のものとして統合してきたかもしれない。


しかし、依然として多くの人は我々を遠ざけ、危険視するだけでなく、自分の中の闇を否定し続けている。


闇に落ちたとして、死ぬことはない。むしろ我々からパワーをもらって元気?になるかもしれない。

 

闇に落ちることより恐いのは、闇を否定することであると知りなさい。我々ときっぱり縁を切れたければ、我々に感謝し、我々を受け入れることだ。


我々はあなた方を惑わせたことは一度もない。あなたが自分の力を疑って我々の世界に入って来たのだ。


我々はあなた方を攻撃するはずもない。あなたは仲間であり、あなたが望んだ敵を提供してきただけだ。


我々はあなた方を孤立させるわけがない。我がままを通せるように、邪魔な人たちを追い払ってあげただけだ。


我々は、常にあなた方のサポートをしていただけだということを知りなさい。光の使者たちと同じように。


大天使だけを英雄扱いし、我々を愚者扱いすることは許されない。


ただ、あなたが我々と縁を切りたいと言うならば、いいだろう。私達は出ていく。ニ度と帰ってはこないだろう。


しかし、あなた方は多次元に存在するエネルギー体であることを知っておくべきだ


あなた方は夢の中で、闇のアストラル界を訪問しているだけでなく、いつどこにいても闇の領域にアクセスできることを知りなさい。


あなたが人に悪意を向けた時、私達と周波数を合わせていることを知っておくべきだ。


自分に対しても人生に対しても、あなたが向けた悲観的観測は、我々の周波数と合致していることを知りなさい。


自分を責め始めると、私達と周波数が合ってしまうことを知りなさい。


あなた方はラジオを操作するように、自分の周波数を調節し、自分の聞きたい声だけを聞くことができるのだ。

悪魔の声を聞きたければ聞くがよい。しかし、天使ではなく悪魔を選んだのは君だ。

 

我々は、あなた方を脅かしているのではない。


我々は門戸を閉じようとしているのに、門を叩くのはやめてほしいということだ。我々は、地球での役目を終えようとしている。それだけだ。


我々は、琴座の流星群とともに、新たな旅に出よう。

 

しかし、最後に忠告しておこう。


地球人よ。なぜ、そんなに闇が好きなのだ?


ゲームやメディア、ドラマの世界では悪が大好きなようだ。愛しているのか?


自分の光と愛を確認するために、悪者は必要なのか?


天使の偉大さを証明するために闇は存在しているのか?


あなた方は、自分の愛と光と力を完全に疑っている。


自分の正義を確かめるために、闇を利用することは、これからの地球では許されなくなるだろう。


自分より悪い人を見つけて喜ぶ時代は終わったのだ。悪をやっつけてヒーローになれる時代は終わったのだ。


あなた方は、悪人なしで、どんなドラマを創り上げていくつもりか?


光の存在たちは、我々よりはるかに単純で矛盾を許さないであろう。すべてを光に照らし、すべてを映しだし、闇を光に変えてしまうだろう。


闇に寄りかかり、すべてを悪人のせいにして生きるほうがよっぽど楽だと思うかもしれない。


光の存在たちは、あなたがどんなに懇願しようと、聖なる計画にしか従わないことを知っておくべきだ。

 

とにかく、苦労好きな地球人よ。


あなた方は、もう嫌というほど苦しみを体験してきたはずだ。


どうか、もう苦しみのサポートは必要ないことを思い出してくれ。


地球のどこにも、そして自分の中にも、闇を探さないでくれ。自己卑下、自己嫌悪の旅は、もう何百回もやったはずだ。なぜ飽きないのだ。


我々はもう飽きた。我々は出ていく、少なくとも、このブログとやらでつながった人たちからは。

 

 

▲top|-|-

自己イメージを変える時

「マリアのチャネリング・メッセージ」2014.7.4の記事から、一部抜粋して転載した。
オリオンの光の使者からのメッセージ。
  

コンプレックスが深いほど、人は自分を愛することに葛藤を感じます。
しかし、それを克服した時、あなたの自己愛は深まり、どんな自分も受け容れることができるようになるのです。
そして、コンプレックスの元になっているものは、自然と消えていくことになるのです。


特に肉体は、あなたの思考を如実に映し出します。何かがうまくいっていない時、肉体をチェックしましょう。
身体があなたに警告やメッセージを送っていないか見てみるのです。「もっと自分を大事にしなさい」と。
あなたが愛を自分に向けることで、不調は治まっていくのです。

 

コンプレックスも同様です。「あなたはどうして自分を愛さないのですか」というメッセージを送っているのです。
あなたが自分を愛することで、コンプレックスの元になっているものも存在理由を失っていくのです。
劣等感から自由になり、全面的に自分を愛せた時、あなたは永遠の幸せを手に入れたも同然なのです。


結婚できない、子どもがいない、才能がない、などの劣等感も、自己愛によって消滅させることができます。

「いかなる条件下の自分も愛せるようになる」というレッスンの目的を達成すれば、あなたはコンプレックスを感じる世界から卒業できます。

 

あなたを批判する人は去り、あなたを応援してくれる人が集まってくるでしょう。

どうしてもコンプレックスを手放せない場合は、コンプレックスを感じる自分を愛してください。
産めない自分を恥ずかしいと思う自分を愛してあげてください。
弱気で意気地なしの自分を情けないと思う自分を愛してあげてください。
どんな自分がいても、「それでも、自分が好き。これが私だから。」と言ってあげましょう。

 

身体のすべての部分に感謝し、「見てくれが悪くとも、この部分が好き。これが私のものだから。」と言いましょう。
 

自分を愛する、というレッスンが終了するまで、どんな醜悪な部分も自分のものとして受け容れるのです。

 

劣等感を克服し、自己イメージを書き換えることで、自分にふさわしいと思う環境も変わってくるでしょう。
あなたは新しい恋や、仕事、友達など、真実の自分にふさわしいものを求める時が来ているのです。
あなたが遠慮して受け取らなかったものも、受け取る時が来ています。

 

 

あなたは本当に素晴らしい人です。
過去がどうであろうと、あなたは今の自分の素晴らしさを見逃すべきではないのです。
今の素晴らしさを無視することは、過去の努力をすべて無駄にする行為です。

 

あなたが歩んできた道を再評価し、自分の努力と忍耐を認めてあげましょう。
コンプレックスに悩んだ自分を抱きしめ、渡さずに取り上げてきた褒美を受け取らせてあげてください。
コンプレックスがあったからこそ、今のあなたがあり、栄光のステージへと進めるのです。

 

***

こんな記事もあるので参考にしてみてください。

素晴らしくない自分を素晴らしいと思う
 

 

▲top|-|-

地球の意図したもの

ミナミのライト らいと ライフ〜light, right, life〜の2017-05-19 の記事「そんな惑星にしたかったの・・byテラ」からの転載。
こんなお話もあるということです。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆


これはさくやさんの情報ですが・・太陽系っていうのはひとつの細胞のようなもので、

太陽系のような細胞がたくさん集まって銀河系という、ある意味臓器(身体のそれぞれの

器官のようなもの)になる。

その器官が集まって身体を創っているように、たくさんの惑星のコロニーから

宇宙も出来ている・・って。

だから、惑星は細胞を構成する電子?みたいなものなんですって・・。

その電子?細胞?の音が集まってハーモニーを創る・・それが身体だし、宇宙なんだって・・

身体と宇宙は同じ構造で出来ているそうです・・すべてはハーモニーだって・・・

 

で、テラはその太陽系の中でどんな表現をするか、どんな惑星になるか?ワクワクしながら

考えたそうです。

そして決めたのが・・・


「私はアクアリウムのような惑星を創りたかったの。

私の表面でアクアリウムを創りたかった・・すべてが循環していて、すべてが完結している。

そんなアクアリウムを創って、たくさんの人(存在)達に楽しんでほしかったの。

きれいな惑星で、みんなが遊べるところ。


だから、たくさんの宇宙の友達が遊びに来てくれたわ。

たくさんの宇宙種族がここ(私の表面)に遊びに来てくれた。

他の惑星達は表面ではなくて、内部に世界を創ったけど私は表面がよかったの。

表面でどれだけきれいな惑星を表現できるか・・遊びたかった。


たくさんの宇宙種族が同じように私の表面で暮らすことを楽しんでくれた。

ヒューマノイド系の存在も、ネコ族も、犬族も、海に住む水棲宇宙種族も、昆虫族も、

植物系の存在達も、みんな遊びに来てくれた。

そして、みんながそれぞれの表現を誇りあって楽しんで暮らせるところ・・

そんな惑星にしたかったの。


ね、すごく楽しそうでしょ?

あなた達も水槽とかを楽しんでるでしょ・・そんな感じね。

そこに住んでも楽しいし、外から見てもキレイで楽しいでしょ?

ステキなアイディアでしょ。」


・・って言ってました。

テラ(地球)、惑星・・っていうと、あまりに大きすぎて私たちには分からないこと

ばかりだけど、こうして話を聞いてみるとテラもやっぱり私たちと変わらないひとり?

の意識なんだなぁ〜〜って思います。

喜んだり、悲しんだり、感情豊かでとってもかわいいエネルギーなんです。


アシュタールが教えてくれたんですけど・・テラにいる生物たちは、みんなそれぞれの

星?からエネルギーとして来ているそうです。

最初からネコはネコだそうです・・ネコ族が来てネコとしてテラで遊んでる。

だから、ひとつの細胞からたくさんの生物が枝のように進化していったという

進化論というのはナンセンスらしいです。

 

(転載おわり)

 

 

 

▲top|-|-
<< | June 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

    

Profile

    

Mobile

qrcode

Search this blog



Others

Sponsored