|1/10 PAGE|>>

自分に対する、エゴの定義付けに翻弄されていないか?

冒頭に地震に関する情報を。

地震エネルギーの体感者の@waonm07の情報から。

 

11月5日@waonm07

関東に広く影響するM大きめの感知がありました。
 

しばしの間、注意したいものです。

 

2ちゃんねるからの転載です。

ちょっと古いものですが、人の体験は参考になるものです。

*** *** ***


[No.228]
2079 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/11(月) 09:44:28 ID:B1pWmXDwO

 

現在進行形で鬱の人はどうすればいいでしょうか?
仕事はしていますが何をやってもミスする、挙動不審、笑われたり悪口を言われたりします。
会社で涙が出ることもあります。でも生活の為、仕事は辞めれません。

 

友達、恋人はいません。人付き合いが苦手で、人と関わって傷つけられたり、
裏切られたりするくらいなら一人のほうがマシだと思ってしまう。
軽々しく口に出す言葉ではないと分かっていますが死ねるなら死にたい。
引き寄せやらチケット読んだり心療内科に行ってみたりしましたが何も変わりません。

 

あー何が言いたいかわからなくなってきました。
長々愚痴ってすみませんでした。


3 名前: 108★ :2011/01/28(金) 05:02:33 ID:???0

 

>> 2079
> でも生活の為、仕事は辞めれません。

 

辞められますよ。
そうやって「これこれのために私は自由な選択ができない」と考えているから、
あなたはますます自分自身に追い詰められ、いっそう憂鬱になっていくんです。

 

> 人と関わって傷つけられたり、裏切られたりするくらいなら一人のほうがマシだと思ってしまう。
> 軽々しく口に出す言葉ではないと分かっていますが死ねるなら死 にたい。

 

私は死ぬくらいなら、人に傷つけられたり裏切られたりぐらいなんだ!と思いますよ。
死ぬくらいなら、人を傷つけたり裏切ることぐらいなんだ!とさえ思います。
とてもそう思えないあなたの気持ちはよく分かりますけどね。

 

あなたは思いきって自分を許すことです。全ての面においてです。
人に傷つけられることも、傷つけられることを恐れていることも、
笑われたり悪口を言われることも、またそれによって自分を裁いていることに気付いたとしても、
全てにおいて全面的に自分自身を許すことです。

 

これはisaさんが語っていた「自愛」と同じです。
あなたが幸せを感じたいなら、あなたは思いきってそれを
自分自身に対して全面的に許してあげなきゃならない。

 

これだけであなたは全ての重荷から解放される。
会社や同僚に対してなんの働きかけもしなくてもです。

 

あなたは自分自身に対してなんの責任も負っていないし、
あなたのエゴが自分自身をどう判定しようが、
そんなこととは全く無関係にあなたはOKなんです。

 

あなたが存在していることがそのれっきとした証拠です。
それはあなたが神から存在を許されているということだからです。
全くの無条件で、しかも永遠にです。あなたがどのようなあなたであろうとなかろうと。

 

あなたは神から絶対的な免罪符を与えられているんですよ。
あなたが自分自身をどう思っていようが、それと全く無関係にです。

 

それに抵抗して「NO!」と言っているのはあなたのエゴだけです。
エゴとは制限なので、絶えずあなたを何らかの型にはめようとしている。
その型というのは様々な定義付けで出来ているんだけど、
あなたがその型にはまることが出来ずに苦しんでいるということは、
観点を変えればこれ以上なく好都合なんです。

 

なぜならあなたはその型、つまりは定義付けを放棄できる瀬戸際にいることになってるから。

 

「生活のために会社に勤め続けなくてはいけない」
「仕事でミスをしてはいけない」
「挙動不審であってはいけない」
「笑われてはいけない」「悪口を言われてはいけない」
「会社で泣いてはいけない」「友達や恋人がいなくてはいけない」
「傷ついてはいけない」「裏切られてはいけない」
「そしてこれらをクリアしていない私は、とってもいけない!」

 

まだまだありますが、こんな風にあなたの自分に対する定義付けが作用しています。
こうやってあなたは単なる想定の寄せ集めにに過ぎないものを「自分が従うべき不可侵のルール」
だと思い込み、そこから一歩もはみ出さないように自分自身を抑え込もうとしている。

 

そして当然そこに収まりきるはずもない自分自身を、
それらの定義付けを利用して絶えず傷つけ通しというわけです。
そりゃ鬱にもなりますよ。

 

あなたにとって最もシンプルで近道な方法は、こういった定義付けを一切放棄することです。
またそれを活用していることに気付いても、それについて自分を責めない。

 

「私は存在するだけでOKな存在なのだ」

 

と、大胆に自分の存在を許可してあげることです。
そしてこれは、あなたが実は神自身であることに対する認証となるのです。
なぜなら神は無条件な存在であり、存在するあなたも全てのものも、
実際には無条件で存在を許されている、神の属性がその本質だからです。

 

具体的には瞑想をお勧めします。
静かに座ってゆっくりと呼吸だけを意識し、自分の胸の中心にどんどん沈んで行ってみてください。
そこで安らかな、穏やかで暖かい平穏を感じたなら、あなたは自分の本質を直に経験していることになる。
それは愛であり、神そのものです。それを経験したら、そこで経験した、

 

「私は何からも急きたてられる必要などまるでないのだ」

 

という絶対的な安心感と共に一日を過ごしてみてください。
健やかな状態に回復することをお祈りしています。

*** *** ***

 

 

ねこ

よかったら、お帰りの際には、

ポチッとしてもらえるとありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 

 

▲top|-|-

自らの足で歩き、自ら食べること。そこまでは、本当の意味での生きること

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 夜明けのブログ2015/10/30の記事からの転載。

*** *** ***

 

 

認知症の人について、「闇に入り、闇を作り、闇になってしまっている」と伝えられました。自分で闇に入って、自分で闇を作り、自分が闇になってしまっているというのです。闇とは光と反対なもの。楽しいことを忘れてしまっているということです。人間は頭で考えて生きていると楽しいことが分からなくなります。

 

思考で生きることは、暗闇の中に生きることであり、闇を経験することです。私たちは、暗闇のトンネルに入って、思考で生きることで、闇を経験します。魂の成長のため、カルマの解消のために、思考で生きる暗闇のトンネルに入るのです。しかし、暗闇のトンネルはずっと留まるところではありません。

 

暗闇のトンネルから出る必要があります。大きな光になるために、深い闇を経験します。強く輝くために、本来の自分を封印するのです。封印を解いて、本来の自分を取り戻す必要があります。忘れていた楽しさを思い出さなければなりません。幼い頃のように楽しいことを感じられる自分になるのです。

 

暗闇のトンネルは、エゴや欲の闇を経験する場ですが、エゴや欲を大きくしていくと暗闇のトンネルから出られなくなります。エゴや欲を大きくすると、大切なものを捨てることになります。大切なものとは、楽しさや人の温かさ、感謝することなどの光です。すべての光は、考えることではなく、心で感じることです。

 

エゴや欲を大きくしながら思考で生きることは、暗闇のトンネルの中で地面に穴を掘っているようなものです。光のあるトンネルの出口には、どんなにもがいても到達できません。暗闇のトンネルから出るためには、自分のエゴや欲に気づいて小さくし、光を感じて行くことが重要になります。

 

厚生労働省の2015年1月の発表によると、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。軽度認知障害(MCI)と推計される約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人が認知症またはその予備群になるといいます。

 

どうして、これ程まで認知症患者が増えたのでしょうか。思考で生きることで、エゴや欲を大きくしてしまった人たちが多くなっているからです。お金を蓄えることに一生懸命になって、楽しむこと忘れてしまったからです。闇にどっぷり浸ることが当たり前になって、光の方に向かうことを放棄してしまったからです。

 

伊豆の農村に生まれ育った私にとって、高齢のお年寄りが毎日、野良仕事をしている光景は当たり前のことでした。幼い頃は、認知症という言葉もありませんでしたが、どんなに年をとっても人々は土を触り、自然に接していました。自然は光です。都会の中で生活して、自然から離れてしまった人々が増えたことでもあります。

 

認知症を通じて得られるものは、「私たちの生き方」だと伝えられました。「先のために今を捨てない」ことだといいます。お金はとっておくことが出来ますが、幸せはとっておくことは出来ません。お金=幸せではありません。お金は頭でとらえられますが、幸せは頭でとらえられません。

 

幸せは心で感じるものだからです。楽しいこと、心地よいことの先に幸せがあります。多くの人が、将来の老後の資金のために、お金を貯めることに懸命になっています。自分の楽しいことにお金を使うことを忘れて、貯蓄のための人生になってしまうのです。将来のために今を捨てないことです。

 

「今を抱きしめて生きる」とは、今を大切にすること。楽しむことは今を感じることです。介護の方向性は、「心地良さ。自然。歩くこと。やれば出来ることが必要」だといいます。心地良いことを選ぶ、自然の中で生きることが光に向かうことです。最終的に、認知症や介護は、「生きるとは何か」、につながります。

 

「自らの足で歩き、自ら食べること。そこまでは、本当の意味での生きること」と伝えられました。心臓が動いていることが生きていることではありません。脳波が現れていることが生きている証ではありません。延命治療は医療の闇によって生まれたものです。苦しみながら心臓を動かす必要はありません。

 

闇の中で命を長らえるより、光の中で命を終えることが光に還ることになるのです。人々が、幸せとは何か、生きるとは何か、について真剣に向き合い、自分の人生に生かしていくことが闇から光に変わることに繋がります。一人でも多くの人が光を選択していくことを願っています。

 

*** *** ***

 

これから、もっと加速化していくことであろう高齢化というもの。いずれは、自分も含め、みんな公平にやってくるものですね。老いというものが。同じ肉体を持った人間ですからね・・・

 

「自らの足で歩き、自ら食べること。そこまでは、本当の意味での生きること」と伝えられました。

 

まったく、その通りと思います。

自らの足で歩けることに、そして食べたいものが食べれることに感謝ですね。

 

また上の記事にもある延命治療。

最近、身近にもそんな治療を拒否した知人がいます。入院している父親(90歳)が食事を受け付けなくなり、食べないことが続いたある日、医者から、胃に管を差し込んで食べ物を流し込む、という方法を提案されたのだそうですが・・・

本人(父親)もそれはいやだ、と言うし、施設に入ることを考えると、それはやらないほうがよい、ということもあったようで、現在は無理をせず、なるがままにまかせているようです。それで逝くなら、それも致し方ないという判断だったようです。

病院も、そのあたりのことに関しては、はっきりとは言わないまでも・・・それもありかと、理解を示してくれているところもあるようで・・・

 

 

ねこ

よかったら、お帰りの際には、

ポチッとしてもらえるとありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ


 

▲top|-|-

あなたは素晴らしい人なんですよ

幸せって意外にカンタン!2017/8/17の記事からの転載。

*** *** ***

 

何度も言いますが、

今のあなたも、これはこれで完全なんですよ。

人間をちゃんと全うしているだけのこと。

 

そしてこれまた何度も言いますが、

あなたの持っている力を表に出すという意味での「真の変容」は自己受容からしか起こりませんから。

 

自己否定から、どうにかしようとしても、一時的にどうにかなるだけです。

どこかの時点で破綻します。

だってそうでしょう。

自己否定に自己否定を重ね続けたら、消耗し切ってしまいますよね。

それが宇宙の流れに逆らうことだから、宇宙からの強制停止が入ってしまうんです。

 

宇宙はどんなあなたのことも愛しています。

あなたを愛することに、いかなる条件も付けません。

 

自己否定をし続けたことによって、表に出られてなくなってしまった本当の力は、


「私は私で今日もよくやっている。この私を私は愛します」


と心から決めた途端に、表に出られるようになるんです。

 

人にひどいことを言われても、

真に受けないこと。

それは相手が自分に言っている言葉。

 

それでも気になるときは、

自分が自分にそんな言葉を投げつけてはいないかと聞いてみてください。

もしそうだと気づいたら、

改めて、

「どんな自分でも愛するよ」

って自分に言って、抱きしめてあげればいい。

 

あなたは素晴らしい人なんですよ。

この真意は、

言葉以上にとてつもなく深い。

それはいつだって真実なんです。

 

*** *** ***

 

斎藤一人さんも言っていますが、

あなたもわたしも、神様の創った最高傑作なんですから・・・

 

ねこ

よかったら、お帰りの際には、

ポチッとしてもらえるとありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

 

▲top|-|-

自分を変える、ということは・・・

マリアのチャネリング・メッセージ2017/10/30の記事から。

未だに、闇の存在の囁きがあるようです。

*********

 

立山連峰からのメッセージです。

 

―――立派な夫や父、完璧な人に、圧倒され、小さくなっていませんか。

遠慮して言いたいことを言わずに、胸に抑え込んでいませんか。

 

闇の存在たちは、一部の方たちに、『男の言うことを聞け』、『偉い人には、ひれ伏せよ』と、ささやいていました。

闇の存在たちは、人間の潜在意識に無力感を植え付け、力を奪おうとしていたのです。

 

自信を取り戻していくためにも、これからは失敗したぐらいで、『自分はダメ人間。生きる資格がない』などと思わないようにしましょう。

あなたは、高圧的な態度を取られながらも、頑張ってきた素晴らしい人なのです。

 

頑張っても、頑張っても、認めてもらえない状況を引き寄せていたのは、あなたの自己否定感でした。

あなたは、子供の頃から「まだまだ頑張りが足りない。もっと頑張れ」と言われてきたのかもしれません。

 

闇の存在たちは、その頑張りに便乗し、あなたの力を利用しようとしてきたのです。

よって、もう強い人のために力を振り絞るのではなく、自分の体を大切にする時だ、と知ってください。

 

 

カッとなって暴言を吐くパターンの方も、闇との契約がありました。

カッとなる方は、ずっとやりたくないことを強制されてきた人かもしれません。

 

生きがいを見つけて好きなことをしている人を見ると、嫉妬を感じますか。

適当な仕事をしてプライベートを楽しむ人を見ると、イラッとしてしまいますか。

 

好きでもないことを続けていると、自分がわからなくなります。

本当は何がしたいか、わからなくなるのです。

 

収入を得るために、好きでもない仕事を続けていたり、家族を世話する義務に縛られていたりするためフラストレーションが溜まっていたのかもしれません。

闇の存在たちは、フラストレーションのエネルギーと同調し、あなたの中に入り込んできたのです。

 

「したくないことをしない」という選択をすることは、わがままなことではありません。

暴言を吐くほど、不満を感じているなら、自分を取り戻し、真の欲求を満たしていく時なのです。

 

 

 

他人を変えることで、状況を変えようとするパターンも闇の影響を受けていました。

他人をコントロールする方法は、きっと親から学んだのでしょう。

 

あなたも親から叱られることで、コントロールされてきたのかもしれません。

叱られるたび、自信を失い、どんどん自分を嫌いになっていったのでしょう。

 

親は、子供を成功させるため、コントロールの綱を手放せなかったのかもしれません。

しかし、期待に応えられない子供は自己否定感と自責の念で一杯になるのです。

 

闇の存在たちは、その自己否定や自責のエネルギーに同調し、あなたの味方になろうとしたのかもしれません。

「あなたは悪くない。変わるべきは他人」と耳打ちし、他人を支配下に置くよう導いていました。

 

しかし、本当に変わるべきは、あなたなのです。

親への怒りと向き合いましょう。

 

怒りを解放し、健全な精神を取り戻すのです。

誰もいない部屋で「あーーー」と大声を上げてもいいのです。

 

本当にしたいことは何ですか。

それは、頑張らなくても、できることのはずです。

 

どうか、それを自分のためにやってください。

やりたいことがわからないなら、やりたくないことを一つずつ、やめていきましょう。

 

そして、残ったことが、あなたの好きなことなのです。

「自分を変える」ということは、自分を追い込むことではありません。

 

自分のために、何かをしていくことだ、と知ってください。

あるいは、誰かのために何かをしない勇気を持つことなのです。

 

*********

 

よかったら、お帰りの際には、

ポチッとしてもらえるとありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村


自己啓発ランキング

 

 

▲top|-|-

誇り高く生きる

「魂と精神を生きるダス」2017/6/21の記事からの転載。

いま私たちに求められているのは、「許し」と「自己受容」なのだろう・・と思っている。

だからこそ、過去に何があれ、すべては、それでよかった、のだ。という視点で肯定していくことだろう。

それが、自分に力を与えてくれることになる・・・ことだろう

(以下転載)


 


私の目を見てくれ・・・


今から大切なことを君に伝えよう


君は・・・


これまで数々の苦しみを乗り越えてきたことだろう


後悔することや・・・

 
受け止め切れなかった悲しみも

 
あったかもしれない

 


しかし・・・

 
大切なのは

 

君の全てはそれでよかった・・・ということだ

 

 

どうかそのことをわかってほしい

 
君のどんな過去も・・・

 
どんなに周囲から認められなかったことも

 
責められ・・・否定されたことすら・・・

 

全て・・・それでよかったのだ

 

これは

 
とても大切なことだ

 

大自然において・・・

 
命は皆・・・自分に疑問を持たず

 
自分を責めずに生きている

 

だから彼らは生命力に満ちていて

 
気高く・・・

力強いのだ

 

思い出してほしい

 
君もまた・・・


その大自然の一部なのだ

 

人間の社会の決まり事や

 
その評価基準に自分を合わせることは

 
生きる上でそんなに大事なことだろうか・・・

 

周囲からよい人間と評価されることは


生きる上でそんなに大事なことだろうか・・・

 

 

よく考えてみてほしい

 
ルールを無視してほしいわけではない

 
もっと崇高なものが君の内側に存在していることに
 
 
気づいてほしいのだ・・・

 

 

君だけではなく・・・

多くの人が知らず知らず

 
この世界の基準に心を押し込めて生きている

 
その様子を見ていて・・・

 

私は悲しいのだ・・・

 

だから伝えよう

 

 

君の全ては・・・それでよかったのだ

 

君の中に眠る・・・

 

誇りを取り戻すために・・・

 

 

自分でもそう思ってみてほしい


 

心を込めて・・・


私の全てはそれでよかった・・・と・・・

 

誇り高く・・・

 

自らの心の力を信じるように・・・

 

内なる愛の価値を高めるように・・・

 

あらゆる否定や束縛を・・・

 

内側から力強く押し出すように・・・

 

 

君なりに・・・

 
君なりの尊さを取り戻してみてほしい・・・

 

 

「私の全てはそれでよかった」

 

 

・・・と・・・思うことで・・・

 

 

もしそれで・・・

 
気持ちがフワフワしたり・・・

 
逆に抵抗や壁を感じたとしたら・・・

 

君の中に

 
まだこの世界に縛られている自分・・・


世界の基準を握りしめている自分がいるのかもしれない

 

そのような場合は

 
真実をよく感じ・・・

 
自分なりに愛と勇気を持って

 

 

よく見つめてほしい・・・

 

恐れることはない・・・

 
たとえそのような自分がいたとしても

 
それは普通のことだ・・・

 
今の日本では・・・

悲しいが・・・普通のことなのだ・・・

 

しかし・・・だからこそ

 
君がもし・・・その自分に気付き・・・

 
愛を持って向き合うのなら・・・

 

君はいずれ・・・

 
その自分を越え

 
新しく・・・この世界に縛られない・・・

 
より大きな自分になれるだろう

 

 
自分のどんな過去も・・・


自分のどんな側面も・・・

 

全てはそれでよかった・・・

 

誇り高く・・・

 
どっしりと・・・

 
力強く・・・

 
微笑んで・・・

 

そう思える君が・・・

きっと現れてくるだろう

 

人は皆・・・

 
本当はとても大きな存在なのだ

 

この美しい大自然のように・・・

 
愛があり・・・

 
広い心があり・・・

 
大きな器がある・・・

 

この世界が当てはめた・・・

 
偏狭で・・・


型にはまった・・・

 

不自由な基準に自分を合わせることはない

 

心は無限だ

 
表面的に周囲に合わせたとしても・・・

 

けして・・・

 

内なる心の誇りを捨ててはいけない・・・

 

 

君よ・・・

 
気高くあれ

 
君の心は途方もなく尊いのだ

 

その誇りを大切に・・・

 
君らしく力強く生きてほしい

 

君ならばそうできると信じている

 

 

ありがとう・・・

 
このメッセージを


この星に生きる全ての命達へ捧げよう・・・

 

 

▲top|-|-

言葉は、ただで使える道具

「マリアのチャネリング・メッセージ」2017.9.10の記事から。

*** *** ***
★ 呪文 ★


口にする言葉は、大事。

どうせ口にするなら、自分のためになるような言葉を使おう。

わざわざ、自分をおとしめる言葉を使って、自分の気分を下げる必要はない。

 

言葉は、ただで使える道具と同じ。

「どうせ、アファメーションを唱えても、良いことは起こらないから」といって黙っているのは、もったいない。

何を言えばいいのか迷う時は、幸せを呼ぶ呪文のひな型を、自分なりに作っておくといいよ。

 

例えば、自信を失っている時は、「できない」ではなく、「絶対、できる」とか。簡単な言葉を、いくつか考えておくのもいいだろう。

恐れにとらわれた時は、「どうしよう」ではなく、「絶対、大丈夫」などなど。

「絶対、うまくいく」と力を込めて100回くらい唱えていると、守護天使たちは、あなたをみかねて助けてくれるかも。

 

試しに、1か月くらい呪文を唱え続けてみよう。

呪文を言わなくなった途端、「最近、ついてないなあ」と感じることになるかも。

 

▲top|-|-

上手くいってるって言ってみる

Home in my heartの記事からの転載。

*** *** ***

 

私たちは、スムーズにことが運んでいないと何か問題や上手くいっていないことがあるように意識を向けがちになりますが、実際はそうじゃありませんよね

 

一つは意識の向け方、もう一つはコントロールしようとしたり事を図ろうとしないこと、そして最後に宇宙のタイミングです。

 

まだ、何かを「自分がやっている」なんて思ってないですよね(*^^*)? 物事は起こることが起こってきているだけです。

 

その中で、意識をどう向けるかのシンプルなことなんです

 

もし、何か上手くいってないように思えたら「全ては上手くいっている」と自分に言ってみてあげて下さい(*^^*)

 

全ては上手くいっている」と言う度にそっちが意識にあがってきます! 何度と言ってあげてるうちに、「今起こってることも全ては上手くいっているんだな」と、あるがままを受け取れるようになれます。


本当に全ては上手くいっているんですよ!

 

ただ、物事をジャッジしたり、これからの事を図ろうとすると、意識が今を離れます。


意識が今を離れるから、ゆ〜らゆ〜らしちゃうだけなんですよ(笑)

 

次の瞬間のことは、次の瞬間にしかわかりません。考えるだけエネルギーを消耗しますよ

 

考えるということは宇宙に委ねて、私たちは出来ること、やりたいこと好きなことをする。

 

騙されたと思って「全ては上手くいっている」てやってみて下さい。


やってるうちに騙されます(笑)


一度でやめないで下さいね(*^^*)

 

物事は思ってる以上にシンプルです。深く考えすぎて渦に巻き込まれないで下さい

 

起こることは起こります。全ては宇宙に委ねて、宇宙に溶けていくと本当のあなたが溢れ出してきますよ

 

いつも今ここに私たちはあります!

 

 

▲top|-|-

どちらの道を歩むか決める時

マリアのチャネリング・メッセージ 2017/7/21の記事よりの転載。

 

大天使ミカエルからのメッセージ。

 

「正しい結末ではなく、ハッピーな結末を選んでください。
正しい息子、正しい娘であろうとすると、どんどんハッピーな結末から外れていくかもしれません。

正しい人、正しい妻、正しい夫であろうと頑張ることで、どんどん自分の首が絞まってきます。
正しい人になるために生まれてきた人はいません。

自分の正しさを証明するために、生まれてきた人もいないのです。
あなた方は、愛や、豊かさ、幸せといった祝福を受け取るために生まれてきました。


あなたは、『自分にとっての良きものは、親や他の誰かによって、奪われてしまった』と思っているかもしれません。

そして、あなた自身も、相手から良きものを奪い返さなければ、幸せになれないと感じているかもしれません。

すべての人に幸せになるチャンスが与えられています。
あなたは、正しい人になろうとするあまり、自ら祝福を手放してきたことに気づく時です。


あなたはきっと、幼い頃から、正しくあることで、褒められ、受け入れられてきたのでしょう。
そして今も、自分の正しさが証明されるたびに、『自分の価値が増した』と感じているかもしれません。

あなたの親や周りの人たちは、ずっと正しさを求められてきたため、あなたにもそれを要求してきました。

そして、あなたも、ずっと自分に正しさを求め続けてきたのかもしれませんが、もうそれをやめていいのです。


親を軽蔑することは、良くないことと、世間ではされています。
人に甘えるという行為は、一人前の大人として恥ずかしい行為かもしれません。

しかし、もう正しくあろうとしなくていいのです。
多くの正しい行ないをしてきた人が、病気になったり、不幸になったりするのはなぜでしょう。

自分を否定するからかもしれませんし、頑張りすぎるからかもしれません。
あるいは、他人を正しく管理しようとして、トラブルになるからもしれません。


正しい人生を追い求めるあまり、幸せになるのをあきらめていないでしょうか。

世間でいう間違った人になってしまったとしても、あきらめず幸せを求め続けていいのです。

『ハッピーになりたい』と願うことは、間違いではなありません。
ハッピーになろうとする気持ちに、逆らうのをやめる時が来ています。


自分の悪感情を否定することは、正しいことかもしれませんが、それでハッピーになることもありません。
自分の悪感情を認めてしまえば、正しい人にはなれないかもしれませんが、それで不幸になることもありません。

一人で頑張ることは、正しいことかもしれませんが、それでハッピーになることはマレです。
人に甘えてしまえば、正しい人にはなれないかもしれませんが、それで不幸になることもマレです。

 

どちらの道を歩むか決める時です。
正しい道を選ぶなら、どうか、自分が正しいからといって、他人を見下し、自分のやり方を押しつけることだけは、やめてくださるよう願います」

 

 

▲top|-|-

本格的に始まるセルフアセンション

Dream Catcher2017/7/24の記事からの転載です。参考にされてください。

9月以降、5次元の世界が色濃く現れて来るようです。

クローバー クローバー クローバー

 

本格的に始まるセルフアセンション

 

さて、7月も後1週間。

あっという間に8月ですね〜。


そしてあっと今に9月になってしまいそうなのであせあせ

秋以降の変化に備えて、自分を見つめ

自分を確立して行くこと

進めたいな〜と思っていますわーい

 

私たちは今まで、自分以外の周りの人や周りの世界にずっと囚われて来ていますので、

周りからこう思われたらどうしよう

周りからこう思われる人でいたい

周りの人にはこうあって欲しい

など、周りの人のことやまだ起きてもいない現実に不安や怖れを抱いたり・・・

自分以外の周りのことを中心に物事を考える癖

がしっかりとついてしまっていますので、中々

自分はどうなの?

と自分を見つめることができないものです

 

こういう状態を、

エネルギーが外へ向かっている状態

と言います。


逆に、自分に意識を向けている時は、

エネルギーが内側に向かっている状態

になります。

 

自分を確立させるには、

自分の内側にエネルギーを注ぐ

ことが必須です。

 

しっかりとセンタリング出来ている方は、

内側にエネルギーが向いています。


グラウンディング出来ている方は、

現実の世界をしっかりと見て、

今自分がすべきことが出来ている状態

ですから、これもとても大切です。

 

が、秋以降、5次元の世界が色濃く現れて来ると、グラウンディングで意識を向ける時に、足元の地球に意識を向けるというエネルギーの流し方だけではなく、同時にハートを中心としたセンタリングがしっかり出来ないと、グラウンディング出来なくなります


宇宙も地球も自分も、全てハートで繋がる

One


ってことで、今までよりも共鳴し合って存在する存在形態に変化して行きます。


5次元の世界というのは、

意識が中心の世界で

周りと共鳴しながら

時間も空間にも左右されない

こんな風な世界です。

 

なので、しっかりと

今に意識を集中させること

も重要な課題となります。

 

5次元対応になること=セルフアセンションできれば、今よりもずっと楽で自由に生きれる世界ですが・・・

とりあえず、目の前にある課題は

エネルギー的に共鳴しちゃう〜


こんな世界になって行っていますので、

まずは自分の受容。


これが良いとか悪いとかではなく、

全てジャッジせずにそのまま一旦受け入れる。

 

自己受容が進まなければ、

他者も全てのものも受け入れられずに、とてもOneになんてなれません

 

 

自分の良いところ=光も、

自分の悪いところ=闇も、

同時に受けれた状態=統合

が進むので、秋以降は辛いです。

 

本格的にセルフアセンションが進みますので、

囚われていることに気づいてヾ(●´∀)ノ" ポイッ〜♪

できるまで、辛い現実を引き寄せてしまいます

 

今、自分が気にしていること。

繰り替えし望んでも、同じ現実を引き寄せること。

抱えている悩みが中々解消しないこと。


これは何か気づいて、手放しすべきこと=執着していて、それを手放さないといけないことが、あるってことです

癒されていない、または満たされていない思いが何かあるからこそ、執着を手放せないのでしょう

 

自分で思う以上に、自分は

癒されていないし、満たされていない

ものです。

 

そんな自分に気づいてあげられるのも、自分に意識を向けるからこそです。

自分に意識を向けることは、とっても大切です。

 

セルフアセンション、本格的に始まります。

本気出して変わって行きましょう〜〜〜

 

 

▲top|-|-

責任を取る、ということは・・・

マリアのチャネリング・メッセージで、以前に大天使ガブリエルがこんなことを言っています。

*** *** ***

 

光の道を歩みたいからといって、完璧であることを自分に求めなくてもいいのです。
完璧でない部分を見つけると、自分を尊敬できなくなる時があるのです。
うっかり誰かを傷つけてしまった時、自分の非を認めることもできず、誰かに責任を押し付け、自分は悪くないふりをするかもしれません。

 

非はあっていいのです。自分の中の無責任な側面を許していきましょう。
誰かのせいにしたい、という気持ちを持ったとしても、問題はありません。

 

人は皆、自分の波動が引き寄せたものを受け取ることで、責任を取っているのですから。

 

責任を取る、ということは、非を認めて自分を責める、ということではありません。

すべてを受け入れた上で、自分の素晴らしさを信頼し続ける、ということなのです。

 

*** *** ***

 

日々、自分のかもし出している波動が循環しているだけです・・・

違う現実をと・・・望むならば、自分の今の気持ちを、そのようなものへと変えていくことです。

 

▲top|-|-
<< | December 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
       

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

☆よければポチッとお願いします

    

Profile

    

Mobile

qrcode

Search this blog



Others

Sponsored