|1/1 PAGE|

マリアのチャネリング・メッセージ2017/10/26の記事「脳」からの転載です。

参考にされてください。

*** *** ***

 

 

精神疾患、神経疾患の原因は、性格上の問題や、ストレスなどが挙げられます。

その他にも、脳内の神経伝達物質の問題が見逃せません。

中でも、うつは、神経伝達物質のノルアドレナリン、セロトニンが不足することによって起こる気分障害という説が主流です。

 

ドーパミンも、神経伝達物質で、モチベーションの上げ下げと関わっています。不足すると、やる気がなくなり、うつに似たような症状が出る、とのこと。

喜怒哀楽がなくなり、引きこもり傾向になる場合もあるようです。

反対に、過剰になると興奮状態が続いたりしてしまうようです。

 

ノルアドレナリンは、活動的に行動していくための物質です。

セロトニンは、幸せホルモンとも言われ、心の安定に関わってきます。

セロトニンは、消化器官に、多く分泌していて、脳内のセロトニンは、全体のセロトニンのわずか2%に過ぎないそうです。

 

こうした脳内ホルモン、神経伝達物質は微量ながらも、快適に生きていくために、重要な物質になっています。

脳は、もっともっと慎重に扱わなければならない部分かもしれませんね。

脳は、硬い頭蓋骨に守られていますが、人によっては、頭蓋骨にズレが生じているケースがあります。事故などで強い衝撃を受けると、ズレてしまい、脳内環境に影響が出ることがあるようです。

 

微量の物質がうまく分泌されないだけで、一日中、気分が重い状態になってしまいます。

性格の問題だから、とあきらめている方は、脳内環境を整えることを、お考えになった方がいいかもしれません。

同じ仕事をしていても、ストレスが溜まる人と、溜まらない人がいるのは、頭蓋骨のずれと、脳髄液の異常が原因である可能性もあります。

 

足腰と違って、頭蓋骨は、痛みを感じないので、頭蓋骨がどうなっているかは、本人にはわかりにくいものです。

レントゲンではわからない小さなズレでも、神経伝達物質には、大きな影響が出ているかもしれません。

何をしても楽しくない状態が続いているなら、頭蓋骨に注目すべきでしょう。

 

頭蓋骨によって守られているのが、大脳です。

ここは、感情や思考などを司っています。

沢山の神経伝達物質が出ているので、重要な部分です。

 

ちなみに、側頭部の骨によって守られているのが、鼻の奥にある延髄。

ここは、呼吸など生命維持を担っている部分になります。

後頭部の骨で守られているのは小脳です。姿勢の制御などを司っている部分です。

 

脳死イコール死とされてしまうように、脳は、生きる上で最も大事な部分になります。

頭のマッサージやヒーリング、食生活などを変えることによっても、脳内ホルモンの出をよくすることもできます。

脳内ケアをして、イライラや無価値感を伴った倦怠感から解放されたいものですよね。

 

*** *** ***

なるほど・・・ですね。

 

よかったら、お帰りの際には、

ポチッとしてもらえるとありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村


自己啓発ランキング

 

▲top|-|-

おなか凹まし運動

まるの日<へミシンクのある暮らし> 2017/10/26 「痩せてないのに着られない服が着られた話」からの転載。

下記転載です。

*** *** ***

 

 

実は以前、2年以上前になりますが「少し大きめなので圭さんにあげます」といって、今の時期に着るのにちょうどいい上着をいただいていたものがありました。

 

その当時、それを着ると背中がパツパツ、腕を動かしたり背中を丸めるだけで「背中から縫い目が割れていきそう」なくらいでありまして。

 

「これはダイエットしないと着れないなぁ。個人的な目標してこの服を着られるようにしておこう」

 

と思って保管してました。
で、その当時から僕は数キロさらに体重は増えて。どう考えても痩せてはいないんですけど。

 

時は流れ

 

今日上着で何か最適なものはないかと探したらこれが目についたので。何気に袖を通してみたら

 

「おや?素直に着られるじゃないか」

 

という現象が。

これはどうやら、首、肩のコリやむくみが取れて、現在調子がいい状態になったから、と思われ。
そういえば、以前むくんでて靴はくのに靴べらが必要、とか思っていたのに。
最近は素直に履けるようになっていたり。

 

おなか凹まし運動(以前のブログに書いてます)と、最近通っている整体の合わせ技で身体中のむくみが取れてきているらしい。

というのを特に感じております。
ぜったい痩せてはいないんですよ。
体重増えてますし。

 

なのに、着ると身動きできなかった服が着られるように。

 

一応「この服を着られるようになろう」という目的は達成されましたが、当初思っていた「痩せて」というものではなかった、という事です。
自分で「こうなろう」とか「こういう感じになりたい」と思って目標を立てる事がありますが。それが叶う方法は、その時感じていた手法であるとは限らない、というのをまた目にしたように思います。
ちなみに、最近555の数字をやたら数日連続で見てたので。
「これは注意せねば」
と思い過ごしてましたが、今日からその数字の羅列を見なくなったので。
何か変化が起こっているとこなのかもしれん、と思っていたところです。ちなみに、もう一つ同じ時にもらったハーフコートがあるのでそれをさっき着てみたら。

 

「普通に着られる」

 

という事があり。
なんか、体のサイズが一回り小さくなったような感じのようです。
なんども言いますが

 

「痩せてはいません」

 

血流、循環、そういうものを整えるだけで、人間体のサイズも変更できるなら。
女性向けに「この運動でお手軽サイズダウン!」とか怪しげな夜会でも開きますかね。
いや、男性向けでもありですよね。

 

ちょっとなぜ体がワンサイズ小さくなったのか、そのあたりを検証して手法を明らかにしてみたいと思います。

 

ただ、痩せるわけではない、というのがあるので体重は減りませんよ。
そんな出来事があった今日この頃。
人間の体というのは不思議なものです。

*** *** ***

 

これと併せて、こちら↓も参照されてください。ラファエルの伝言。

 

あなた方も神の通訳となれる
http://falcon238.jugem.jp/?eid=1430

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村


自己啓発ランキング

 

 

▲top|-|-
<< | September 2019 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

☆よければポチッとお願いします



Profile

  

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

Mobile

qrcode

Search this blog



Others

Sponsored