<< 神様の最高傑作main永遠の光として >>

「マリアのチャネリング・メッセージ」11.13の記事から。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆
プレアデスの光の使者イクシュールからのメッセージ


過去世で縁があり、今世も出会う約束をしている人を、ソウルメイトと言います。
ソウルメイトといえども、いろいろあり、結婚相手だけを指すものではありません。
例えば、失恋した後に出会って、さみしさを癒すために短期間だけ付き合うソウルメイトもいます。離婚した人が、再婚者と巡り合うまでのしばらくの間付き合って、心の傷を癒してくれるソウルメイトもいます。

ソウルメイトとの出会いは自然にやってきて、目的が完了すれば、また自然と別れが来ます。
「一人になるのが耐えられない。」という理由で、誰とでも付き合っていると、そのような関係を体験をすることはないでしょう。
「辛い思いをしたくない。」という理由から相手を利用すると、傷をさらに深めるような関係性に陥ることもあるのです。

どうか、恋人がいなくとも、自分で自分を愛してください。あなたは愛されるに値しない存在になってしまったわけではないのです。
変わらぬ愛を捧げてくれる人々やペット、光の存在に感謝する時です。
「私はひとりぼっちではない。」という思いが、新しいパートナシップを呼んでいくでしょう。


「私なんか、どうせ好かれない。」という思い込みがある方は癒す時です。恋人を見つけようと懸命になってしまうのは、自分はモテナイからだ、と信じているからかもしれません。
少しでも好意を示してくれる人がいると、すぐに好きになってしまう、というパターンがある方は手放しましょう。
本当にふさわしい相手かどうか吟味する間もなく、付き合ってしまっているかもしれません。付き合っているうちに、価値観や性格の不一致に気づき、うまくいかなくなることも多いかもしれません。

自尊心を高めていく時です。
惚れっぽいのは、自分の価値を高めてくれる人が必要だからかもしれません。
ありのままで愛されることを信頼してみましょう。他人に、自分の価値を証明してもらうのをやめる時です。


医者、店員、営業など職業柄、とても親切な人に、熱を上げてしまうパターンも手放す時です。
相手が既婚者と知っても、あきらめ切れず、想い続けている方もいるかもしれません。
低すぎる自尊心が揺さぶられ、「私だけに優しくしてくれている。」と勘違いしているかもしれません。

恋愛相手に、母性や、母親の愛を求めるのをやめる時です。あるいは、父性や、父親の愛を求めるのをやめる時です。
親から受け取れなかった献身や保護を、恋人に求めているかもしれません。
そして、どうか、自分を大切にしてください。インナーチャイルドの世話をし、他人の愛を頼らない強い人に育て上げてください。


自分からアプローチしたのに、相手がその気になると、怖くなって引いてしまう、というパターンを癒す時です。
相思相愛になると、自分から引き下がり、相手を困惑させてしまうパターンから自由になりましょう。
「本当の自分を知られると嫌われてしまう。」という思い込みがそうさせているようです。

本当の自分をさらけ出すことへの恐れを手放していきましょう。自分を隠そうとすると、気まずい雰囲気になるのです。
本当の気持ちを伝えてみましょう、「愛しています。が、私は、あなたを失うのが怖いのです。」と。相手は、あなたの真実を知ることができ、喜ぶでしょう。
真実を伝え合うことで、真のパートナシップが築けます。あなたの真実を知れば、相手も自分の真実を伝えてくれるでしょう。

 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆

「自分からアプローチしたのに、相手がその気になると、怖くなって引いてしまう」
これ、自分も高校生の時に経験があります。
将来的にどうのこうの・・という話を相手がしてきた時に、怖気づいて引いてしまいました。




▲top|-|-

スポンサーサイト

▲top|-|-
<< | December 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
       

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

☆よければポチッとお願いします

    

Profile

    

Mobile

qrcode

Search this blog



Others

Sponsored