<< 自分の意識の在りようが・・・main新しい形の魂と古い形の魂 >>

闇の存在ってなに?

マリアのチャネリング・メッセージ2017/2/5の記事から。

自分の思い、考えと思っていたものが、実は、闇の存在の囁きだったなんてことがある、ということです。

ここでの闇の存在は、爬虫類・・トカゲの類でしょうかね・・・エネルギー・バンパイヤでもあるわけです・・・

彼らの餌はネガティブ思考のエネルギー。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆☆

 

闇の存在とは


メール・セッションでは、闇の存在との契約書、というものが度々、出てきます。

でも、「闇の存在って何?」と思っていらっしゃる方も多いと思います。

闇の次元とは、簡単に言えば、光とは対極の世界です。

天使とつながる、とよく言いますが、同じように悪魔的な存在とつながることもありえるんです。

 

「いや、私はつながった覚えないし」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、磁石のように、その存在を引き寄せてしまうことはよくあります。

天使たちがメッセージや愛の波動を人間たちに送っているように、闇の存在たちもまた、そうしています。

違っているのは、闇の存在たちは、高次元の光のエネルギーではなく、恐れや罪悪感を生むようなメッセージと低い波動を送っている、ということ。

そして、エネルギーを送ったら必ず、その分、奪い取ります

 

悪いメッセージを与えては、良くない考え方や悪感情を植え付け、それによって増幅されたエネルギーを吸い取って肥え太る、というようなことをしています。

低波動でしか生きられないので、その人をネガティブな波動へと落とし込むことで、自分たちも生き残ろうとしているわけです。

 

要するに、人間を利用しているわけです。

人間が困れば困るほど、闇の存在の大好物である苦しみとか痛みを感じ、自分たちに提供してくれるので、人間へのコントロールを手放さないのです。

 

コントロールは、ほとんど睡眠中に行なわれています。

天使たちも、人間に、夢の中でガイダンスを与えていますが、闇の内容は真逆です。

「〜するな」とか「もっと苦しめ」とか「〜を潰せ」的なことを教えています。

 

悪夢のほとんどは、人が闇の次元で体験していることそのものなのです。

ですから、嫌な夢を見た時は、ちょっと波動が落ちているな、と思って、努めて思考を明るい方へ持っていくことが大事です。

幸せ波動を出していると、闇の存在たちは、ネガティブなエネルギーを吸い上げることができず、さっさと出ていきます。

利用価値がないから、バイバイということですね。

 

ただ、爬虫類系は、とてもシツコイですし、狡賢です。

一回、巣を作ってしまうと、出ていっても、また帰ってきます。

ですから、棲みついている人間をコントロールし、いじめや仲間外れをする人たちのもとへと誘ったりします。

 

とは言っても、エネルギーに寄生する存在に違いありませんので、餌がなければ、出ていかざるを得ません。

どんなにオッカナイ人に囲まれていても、ニコニコして光の存在の方に向いて生活することです。

そうすれば、爬虫類系の存在も、ガックリ来て地元?に帰って行くでしょう。

 

地球の波動は、とても上がっていますので、闇の存在たちにとっては、生きづらい環境になっていることは確かです。

餌がなければ、生きられないのですから。

その点、光の存在たちは、無限の愛に支えられていますので、人間から奪うことも、もらう必要もなく、永遠に元気に飛び回れるわけです。

光の存在は消耗しませんので、どんどんお願い事を増やしていっても大丈夫ですよ。

 

 

▲top|-|-

スポンサーサイト

▲top|-|-
<< | August 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

    

Profile

    

Mobile

qrcode

Search this blog



Others

Sponsored