<< 言葉は、ただで使える道具main外が黄色かったな・・・ >>

誇り高く生きる

「魂と精神を生きるダス」2017/6/21の記事からの転載。

いま私たちに求められているのは、「許し」と「自己受容」なのだろう・・と思っている。

だからこそ、過去に何があれ、すべては、それでよかった、のだ。という視点で肯定していくことだろう。

それが、自分に力を与えてくれることになる・・・ことだろう

(以下転載)


 


私の目を見てくれ・・・


今から大切なことを君に伝えよう


君は・・・


これまで数々の苦しみを乗り越えてきたことだろう


後悔することや・・・

 
受け止め切れなかった悲しみも

 
あったかもしれない

 


しかし・・・

 
大切なのは

 

君の全てはそれでよかった・・・ということだ

 

 

どうかそのことをわかってほしい

 
君のどんな過去も・・・

 
どんなに周囲から認められなかったことも

 
責められ・・・否定されたことすら・・・

 

全て・・・それでよかったのだ

 

これは

 
とても大切なことだ

 

大自然において・・・

 
命は皆・・・自分に疑問を持たず

 
自分を責めずに生きている

 

だから彼らは生命力に満ちていて

 
気高く・・・

力強いのだ

 

思い出してほしい

 
君もまた・・・


その大自然の一部なのだ

 

人間の社会の決まり事や

 
その評価基準に自分を合わせることは

 
生きる上でそんなに大事なことだろうか・・・

 

周囲からよい人間と評価されることは


生きる上でそんなに大事なことだろうか・・・

 

 

よく考えてみてほしい

 
ルールを無視してほしいわけではない

 
もっと崇高なものが君の内側に存在していることに
 
 
気づいてほしいのだ・・・

 

 

君だけではなく・・・

多くの人が知らず知らず

 
この世界の基準に心を押し込めて生きている

 
その様子を見ていて・・・

 

私は悲しいのだ・・・

 

だから伝えよう

 

 

君の全ては・・・それでよかったのだ

 

君の中に眠る・・・

 

誇りを取り戻すために・・・

 

 

自分でもそう思ってみてほしい


 

心を込めて・・・


私の全てはそれでよかった・・・と・・・

 

誇り高く・・・

 

自らの心の力を信じるように・・・

 

内なる愛の価値を高めるように・・・

 

あらゆる否定や束縛を・・・

 

内側から力強く押し出すように・・・

 

 

君なりに・・・

 
君なりの尊さを取り戻してみてほしい・・・

 

 

「私の全てはそれでよかった」

 

 

・・・と・・・思うことで・・・

 

 

もしそれで・・・

 
気持ちがフワフワしたり・・・

 
逆に抵抗や壁を感じたとしたら・・・

 

君の中に

 
まだこの世界に縛られている自分・・・


世界の基準を握りしめている自分がいるのかもしれない

 

そのような場合は

 
真実をよく感じ・・・

 
自分なりに愛と勇気を持って

 

 

よく見つめてほしい・・・

 

恐れることはない・・・

 
たとえそのような自分がいたとしても

 
それは普通のことだ・・・

 
今の日本では・・・

悲しいが・・・普通のことなのだ・・・

 

しかし・・・だからこそ

 
君がもし・・・その自分に気付き・・・

 
愛を持って向き合うのなら・・・

 

君はいずれ・・・

 
その自分を越え

 
新しく・・・この世界に縛られない・・・

 
より大きな自分になれるだろう

 

 
自分のどんな過去も・・・


自分のどんな側面も・・・

 

全てはそれでよかった・・・

 

誇り高く・・・

 
どっしりと・・・

 
力強く・・・

 
微笑んで・・・

 

そう思える君が・・・

きっと現れてくるだろう

 

人は皆・・・

 
本当はとても大きな存在なのだ

 

この美しい大自然のように・・・

 
愛があり・・・

 
広い心があり・・・

 
大きな器がある・・・

 

この世界が当てはめた・・・

 
偏狭で・・・


型にはまった・・・

 

不自由な基準に自分を合わせることはない

 

心は無限だ

 
表面的に周囲に合わせたとしても・・・

 

けして・・・

 

内なる心の誇りを捨ててはいけない・・・

 

 

君よ・・・

 
気高くあれ

 
君の心は途方もなく尊いのだ

 

その誇りを大切に・・・

 
君らしく力強く生きてほしい

 

君ならばそうできると信じている

 

 

ありがとう・・・

 
このメッセージを


この星に生きる全ての命達へ捧げよう・・・

 

 

▲top|-|-

スポンサーサイト

▲top|-|-
<< | October 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

    

Profile

    

Mobile

qrcode

Search this blog



Others

Sponsored