<< 大飯原発の再稼働は、日本のこれからを占う1つの分岐点mainミサイル騒ぎの裏で >>

福島原発関連で、こんな話もあるんだけど・・・海外への強制的な避難・移住?

なんか日本人の海外への強制的な避難・移住?計画なるものが、外務省によって密かに進められているようで・・・
これは、いったいなんなんだろうか・・ということなんだけれど・・・

いずれどこかで記事になって表に出て来るんだろうけれども・・・
こんな話もある、ということで知っておいてもらえればと思う。

"デス"ということも考えられなくもないが・・・(正直、真偽のほどはわからないが)
ただ、はっきりと言えることは、
"福島原発の4号機が、マジで予断を許さない状況にある" ということだろう。

東日本の住人はいつ崩壊するとも限らない、
砂上の楼閣の上にいる、ということを自覚することだろう。
(4号機がコケた場合、福島原発から250キロ圏内は避難区域になるらしい。)

と同時に、お願いだが、
心には明るい未来を描いて・・・「私は安全である」 ということを選択し、強く思ってもらえればありがたい。

それが我々の集合意識へとつながっていくからであり、「安全な日本、安全な世界」を創出していくことの一助になると思うからだ。

「我々の個々の思いが、自らの現実を創っている」のであるからして、
「思考は現実化する」のであるからして・・・

また、外なる世界は、個の内なる思いを映し出す鏡であるからして、
何を外に映し出すかは、今の我々の個としての思いがどこにあるかが大事ということだ・・・

それは、個としての自分がどんな世界に生きたいのか、ということ。
「安全な現実」なのか、それとも「不安な現実」なのか・・・ということ・・・

どちらを体験したいのか?ということです。

我々が日々、思うこと・・・すなわちそれが、
我々の集合意識の総意となって、「我々が選択した道」 ということになるのだからだ。

読者は、どちらの未来世界に生きたいのだろうか?


以下、2chの書き込みからの転載だが・・・

なんじゃこりゃ〜   ・・・の中味だ。

*********

 
858 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 21:15:12.15 ID:VmE5vy9I0

252 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)[] 投稿日:2012/04/17(火) 12:39:19.30 ID:J9p711Im0 [1/3]
http://www.eutimes.net/2012/04/russia-stunned-after-japanese-plan-to-evacuate-40-million-revealed/

抄訳

千島列島の領土問題について日本との予定された協議を再開するに当たり、ロシア外務省が用意した新たなレポートが現在クレムリンを席巻している。

この文書によれば、ロシア外務省は日本の外務省から伝えられた以下の情報に驚愕しているという。日本側が伝えたところでは、4000万人以上の日本人が
放射性物質の毒性によって「極度に危険な状況に置かれて」おり、世代最大の都市である東京を含めて、東日本の大部分の都市から人々を強制的に避難させる ことも可能性としてありうるとしている。

(中略)千島列島は第二次大戦の終戦日にソビエトが占領し、日本から奪われた領土である。

何千万人もの日本人が直面している「極度な危険性」は、福島第一原子力発電所事故の結果である。(中略)

このレポートによれば、複数の日本人外交官はロシア外務省に対してこう伝えたという。
これほど多くの国民を移住させる土地を日本国は保有しておらず、
したがって千島列島の日本への返還は「緊急の重要性」をもっている。かりに強制移住を行うとすれば、それはソビエト連邦においてスターリンが行った
極東への強制移住に匹敵するものであり、本質的には1930年代以降では最大ともいえる大量移住となるであろう、と。

さらに重要な点であるが、このレポートによると、日本の外交官はロシア側に対して以下のようにも語ったとされる。
中国は何千万人もの日本国民を中国本土に移住させてもよいとする提案を日本側に対して行っている。
日本はこの中国側の提案を「真剣に考慮している」という。
中国の移住先は、「ゴースト・シティー」と呼ばれる地域であり、この地域は不可解な理由によって建設されたまま放置されている。
ロンドン・デイリー・メイル・ニュース・サービスによる2010年12月18日付の記事は、「中国のゴースト・タウン」というタイトルでこの地域について取材している。(中略)

 (中略)

859 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 21:16:42.09 ID:VmE5vy9I0
253 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)[] 投稿日:2012/04/17(火) 12:40:46.97 ID:J9p711Im0 [2/3]
>>252 続き

日本の現状がどれだけ悲惨であるのかについては、最近になって日本の外交官である松村昭雄氏が明らかにしている。松村によれば、
福島原発事故は最終的には地球上のすべての人類を根絶させるような大参事へと発展する可能性がある。
 Prison Planet New Servecesによれば、

「松村氏は自分のブログで、福島の状況に関して村田光平前スイス大使が行った驚くべき発言を掲載している。
村田氏は2012年3月22日に参議院の予算委員会公聴会に招かれ、以下の警告を発している。
「福島4号機は1535体の 使用済み核燃料を地上から30メートルの一に貯蔵している。
かりに建屋が崩壊すれば、他の6つすべての原子炉が破局を迎えるだけでなく、
4号機から50メートル離れた場所にある6375体の燃料体を貯蔵した共有プールをも破局へと誘うであろう」。

両者のケースでは、放射性燃料体は格納容器によって保護されておらず、危険なことに、大気中に野ざらしにされている。
我々が未だかつて経験したことのないような世界的なカタストロフィを引き起こす可能性があるのだ。松村氏は日本が世界に負っている 責任は途方もなく大きいことを強調する。
こうしたカタストロフィは何世紀にもわたって我々すべてに影響を与えるだろう。
村田大使によれば、 圧力容器内の燃料集合体を除いた福島第一原発内の使用済み核燃料体の数は、11421体である」

 人を混乱させることであるが、日本が直面している絶望的な状況は、同じくアメリカにも当てはまっている。「公開航空飛行条約」に基づいて
先週ロシア軍がアメリカ上空を飛行を行ったところ、アメリカ西海岸は「前例のない」レベルで放射能汚染を受けていることが報告された。この報告は、
ウッズ・ホール海洋研究所の科学者によっても証明されている。彼らによれば、高濃度の放射性波はアメリカ西海岸に直接向かっているのである。

860 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 21:17:35.91 ID:VmE5vy9I0

 現在進行しているこの世界的カタストロフィのニュースは、現在アメリカでは厳重に検閲されている。ただし、日本ではそうではない。
日本の大手新聞である毎日新聞は、最近になって以下の記事を載せた。

「我々が直面している最大の問題の一つは、4号機の使用済み核燃料が崩落する可能性である。
巨大地震が発生して以来、日本の内外の専門家がこの可能性を指摘している。
テプコは状況はコントロール下 にあるとしているが、独立した専門家のみならず、政府内の専門家もこれが極めて深刻な問題であると言っている。(中略)
福島第一原発事故に関して2月に公表された独立事故調査委員会によれば、4号機の使用済み燃料プールは「最も脆弱な環」であり、
核惨事の連鎖反応の危険をもたらす可能性がある。
政府が作成した最悪のシナリオによれば、4号機の倒壊のみならず、敷地内の他の原子炉に 貯蔵された使用済み核燃料体までもが崩壊することを想定している」

(中略)

 日本の危機は「戦争なき核戦争」(a nuclear war without a war)と呼ばれている。
アメリカ軍は、大量の核の降下物に備えて、放射性防護のピルを大量に用意していると報告されている。
しかしながら、一般市民にはこの危機について十分に情報を与えられてはいないのが現状である。


(転載ここまで)
*********

ここで、友人がメールで送ってくれたものを掲載しようと思う。

『確かに、目に見える現実は本当に厳しい。

現状では、放射能はこの先、気の遠くなる年月存在し続ける。

だが、そこで希望や未来への光を失って
その現実を、ただ甘んじて受け入れる心持ちになってはダメだ。

未来は、人間が意識できない場所でいくつにも分かれて存在し、
私たちは日々、
それを微妙な現実の違いを持って選びとり
少しずつ少しずつ
住まう現実を分けていく。

今日のわたしと明日のわたしが同じ世界の住人だと
思ってしまうこと・・・
それが実は、この不思議な世界の最大の幻想・・。

心ある、日本に住む人々なら、今勇気をもって

明るい未来、光の方向を選びとる決意を
心に命じることが必要だ。
異なって存在する明るい現実へと進むことが必要なのだ。


今、「もう無理だ、日本が、世界が終わる」と思ったら

本当にそれは・・・

その通りの世界が創出され
選んだ、その世界を生きていくことになる。

わかる人にはわかるだろう。

決して現状を楽観視せよ
というのではない。

が・・・

放射能を克服し、無害にできる未来が確かに存在しているのだ。

希望と光が失われることはない。
それを心から選び取ろうとしていくかぎりは・・・・。』



▲top|-|-

スポンサーサイト

▲top|-|-
<< | November 2014 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Counter

  

New Entries

Selected Entries

Categories

Archives

Mobile

qrcode

Search this blog



Profile

Others

Sponsored